icon-ajustericon-button-addListicon-button-attentionicon-button-bidirectionicon-button-binocularsicon-button-blockicon-button-cameraicon-button-carticon-button-commenticon-button-dooricon-button-downicon-button-dustboxicon-button-fontSizeicon-button-gifticon-button-lefticon-button-mailicon-button-minusicon-button-playicon-button-plusicon-button-premiumicon-button-recordingicon-button-reloadicon-button-righticon-button-stopicon-button-surveyicon-button-tipicon-button-upicon-button-videoicon-button-webCameraicon-carticon-checkicon-comment-officon-commenticon-crossicon-crownicon-fontColoricon-fullscreen-officon-fullscreenicon-gift-officon-gifticon-grabicon-helpicon-info-circleicon-info-personicon-info-playCounticon-info-videoicon-microphone-loudicon-microphone-lowicon-microphone-muteicon-mode-fiticon-mode-normalicon-mode-wideicon-moreicon-pointicon-premiumicon-reloadicon-s-foldicon-s-surveyicon-s-upicon-surveyicon-tabBlockicon-tabCommenticon-tabSettingicon-toolicon-twowayVolume-loudicon-twowayVolume-lowicon-twowayVolume-muteicon-video-loudicon-video-lowicon-video-muteicon-volume-loudicon-volume-lowicon-volume-muteison-s-downplay
すべての機能を利用するにはログインまたは新規登録(無料)が必要です。
ゲーム

もんちゃん

Kenshi ドン底から #ここまでのあらすじは番組情報で

ここまでのあらすじ 『うっ、、、』激しい痛みで目を覚ますと俺は砂漠のど真ん中で倒れていた そうだ、、俺は仕事の疲れを癒すためにショーバタイの酒場に安酒を飲みに行く途中 いきなり砂漠を住処にするおぞましい蟲、スキマーに襲われたんだった 気が付くと左腕が根元から無い。他の場所も確認したが欠損してるところは左腕のみだった 俺の腕は相当不味かったとようだ。とにかく命があっただけでも運がいい 気を取り直して俺は予定通りショーバタイの酒場に向かった だが運が悪い事に今度は人狩りと鉢合ってしまった 『なんて日だっ!』思わず叫んでしまったがどうにもならない  多勢に無勢、抵抗したとしても片手のうえに武器も持ち合わせていなかったので 俺は無抵抗ですぐに白旗をあげた しかし奴らには通用せず俺は問答無用でタコ殴りにされ通りがかりの奴隷商人に安値で売り飛ばされてしまった 奴隷商人は買い取った額に2000%の利益をのせて俺を都市連合という勢力に売り飛ばしたんだ 俺は都市連合の奴隷として採掘場で強制労働をさせられたものの 収容所の牢屋の鍵を卓越したピッキング技術を駆使してこじ開け なんとか地獄から抜け出すことに成功した しかし少々無茶な脱走をした為、俺は都市連合に多額の懸賞金をかけられてしまう 止む無く俺は都市連合の勢力圏を命からがら抜け出して シェク族の統治するスワインという街に逃げ込んだんだ さしあたって俺は酒場に向かった、正直飲まなきゃやってられないってもんだ 幸いスワインに向かう道中、上質の銅鉱石を採掘できる穴場を見つけたので 片手で慣れないツルハシを振るって2~3人は酔いつぶれるくらいの『はした金』は手に入れていた 酒場の客のほとんどはシェク族で、奴らは俺ら人間族を『フラットスキン』なんて呼び蔑視する いわゆる『いけ好かない野郎』どもだが なぁに贅沢は言ってられない。今日はここで浴びるほど飲んで久しぶりにベッドで眠るんだ 翌日からこの酒場を拠点に数日プラプラしていたが何度か酒場に通ううちにシェク族にも気が合う奴ができた アンガスって名の素晴らしく立派な体躯のシェクの戦士だ アンガスは戦いにたった一度敗れただけで己の存在価値を見いだせなくなってしまう、体とは裏腹に とても繊細な心の持ち主だった 毎日彼と酒場で酒を飲むようになり、いつしか俺達は常に行動を共にする仲間になった シェク族の仲間が出来たことで他のシェクとも少しづつ距離が縮まってきたようで更にもう一人仲間ができた それが『じおたろう』だ 更に同じ人族の『オム暗刻』(厳密には俺はスコーチランド人でオムはグリーンランド人で違う種族だが) もこの酒場で意気投合し行動を共にすることになった 4人はさしあたり当面の資金調達のためにスワイン近隣に勢力をもつハイブ族の村で ハイブが狩ったモンスターの皮を剥ぎ取っては売り、そのお金で少しづつ生き延びるための装備を揃えていった モンスターの肉は飢えた4人の腹を満たすのにも好都合であった ある程度余裕ができた4人は荷物の運搬に必要なブル3匹と荒んだ心を癒す為に 愛玩用ペットとしてボーンドッグの『もん吉』を動物商から購入し4人と4匹で新たにパーティーを構成した まだまだこの世界で生き抜くには不十分な戦力ではあるが 皆が心穏やかに生活できる理想郷を創るためパーティーはスワインの街をあとにするのであった スクインの街を出た一行はホーリーネーションの統治するスタックに向かうも人族ではメンバーがいる という理由だけで無差別攻撃を受けてしまう 命からがらスタックから抜け出した一行はホーリーネーションの勢力下にある街に入ることをあきらめ 温厚な遊牧民が統治しているシェムを目指した しかし道中ボーンドッグや盗賊の襲撃を受け一行は大きなダメージを負ってしまう アンガスは装備を奪われ、じおたろうは片腕を失った 更にみんなに愛されていたペットのもん吉が襲ってきた盗賊に切り刻まれて食料にされてしまったのだ 失意の中、一行はシェムを離れスワンプという湿地帯に逃げ込んだ スワンプを当てもなく彷徨っているとシャークという街を発見した 『助かった、、、』やっと疲弊した体と心を休めることができる、、 一向に安堵が訪れると共に残酷な殺され方をされたもん吉を思い出し怒りと悔しさで身を震わせていると シャークの酒場には似たような境遇の奴らが何人もいて自分らと行動を共にしたいと志願してきたので メンバー全員の合意を得て仲間に加えた 総勢8名と3匹となったラブバイツ一行は全員の食料は装備を整えるため今日も金策に奔走するのであった ツイッター、スチームID、スカイプの IIDはすべてkewlguy4621 フレ申請はお気軽に れおくんはお星様になりました。詳しくはこちら https://www.youtube.com/watch?v=XLsU6hXE1oQ 語尾に『もん』をつけると可愛くなるよ

全文を表示
もんちゃん
年齢
未設定
性別
未設定

お弁当にちくわが入っていた時のガッカリ感は異常 ガンオン配信やってます

視聴ユーザー

Copyright(c)1999 FC2, Inc. All Rights Reserved.